美味しいトウモロコシの焼き方。

こんにちは。

 

南軽井沢の発地市庭に、

朝採れトウモロコシが並び始めたようで

お客さんが買ってきてくれました。

 

昼時にBBQにお誘い頂いたので楽しい焼き係を。

このトウモロコシ、固くならず上手に焼くのは意外と

難しいと思われている方が多いのですが、

実は簡単に美味しく焼けるコツがあるんですよ。

教えちゃいましょう。

 

まず、買ってきたトウモロコシをバケツの水に浸けます。

なければ流水で水を含ませてでも十分ですよ。

そして皮のまんまグリルに置いて焼き始めます。

いわゆる「蒸し焼き」です。

濡れたトウモロコシの皮はすぐには燃えませんので

皮がまっくろに焦げる位まで、くるくる回しながら

焼いていきます。

(黒焦げの状態を撮り忘れちゃった)

 

表面の皮が黒く焼けてパリパリしてきましたら、

軍手で一気に皮を剥いて柄の部分と共に皮を捨てます。

そして・・・ 香ばしさを愉しむ為に再度焼きます。

 

コツは焼きすぎないこと。皮が硬くなっちゃうので。

塩適量、しょうゆ適量をかけて炙ります。

適度にこげ目がついたら完成です。

熱々のうちに軍手のまま3等分くらいに折ってお皿に。

あ、まな板で包丁で切ったほうが綺麗で女性向けかも。

 

蒸し焼きにすることで水分が逃げず糖度が増すような

気がします。粒の皮も柔らかくてプリプリッとした

食感を楽しめます。

焼いて時間を置くと皮がしおれてきちゃいますので、

焼きたてを一気に食べ尽くすのが一番ですね。

 

だいたいBBQでは、トウモロコシを先に焼きます。

前菜のような役割で美味しさを味わって・・

肉や魚や魚介類などなど 好きな食材へと進みます。

軽井沢の空気と緑のもとで、

仲間や友人と共に味わうBBQは最高でございます。

こういう贅沢、味わって頂きたいです。

 

我々のエリアの近くでお求め頂いた方には、

昼時や夕方などに焼き講習に伺うことも出来ますよ。

(個人的趣味ですのでまずは私だけ対応)

 

軽井沢生活は癒しも楽しみも広く多く待っています。

ご検討いただけているのであれば、

早めの軽井沢入りをお勧め致しますよ。

もぎたて焼きたてのトウモロコシを想像しながら

ぜひご検討を進めて下さいませ。

 

~桜井~

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です