軽井沢 夏の宵の狂言

昨日、大賀ホールで行われた野村万作さん・野村萬斎さん出演の狂言を別荘管理サービスを担当しているスタッフと一緒に鑑賞してきました。

今年で11年目となるこちらの公演は、軽井沢の夏の風物詩となりました。

数年前より興味はあったものの、昨年は先行チケット予約締切り後に気づき断念。

今回ようやく行くことができました。

軽井沢駅から大賀ホールまでは徒歩約7分ほど。

近くに大きな町営駐車場もあります。

 

客席のどの位置からでも均一な音響効果を得られるよう、ホールは五角形に設計されています。客席は800席程度なので、ステージからの距離も近く、臨場感が味わえます。

 

今回は平場席7列目でした。演者の表情を近くで見ることができますが、狂言は座ったり寝転がったりするので、後ろのひな壇席でも良いのかもしれません。

 

狂言は難しそうと思われる方も多いと思いますが、はじめに野村萬斎さんが狂言全般や各演目について解説してくれたので、ストーリーや見どころが理解でき、たくさん笑いました。

万作さん萬斎さんをはじめ、演者の方々の立ち振る舞いや身のこなし方、語りに圧倒。

 

来年は、8月4日(土)公演予定。

軽井沢で日本の伝統芸能を愉しんでみてはいかがでしょうか。

 

貫名


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です