黄花から始まる 軽井沢の春。

 

古い記事のカテゴリも整理して見やすくしなきゃ。。

 

こんにちは。

この週末は軽井沢も天候に恵まれ多くの人手がありました。

東京より1ヶ月春が遅い軽井沢。標高1000mありますので

【ヤマザクラ】の種になるのですが

4月下旬から開花が始まります。東京はもう終盤かな?

明日行くので間に合うといいな。

 

春の遅い軽井沢、

雪解け後の茶の風景に最初に色付くのは 黄色の花々です。

 

足元には水仙から。

駐車場から村民食堂に上がる土手に広がっています。

 

ピントが合わせられず御免なさい、、

木々は ダンコウバイ アブラチャン サンシュユ 

といった、小さくモショモショした黄花から始まるのですよ。

 

ダンコウバイとアブラチャンを見分けるのが難しいのですが、

細い木の幹をツメでカリカリっ・・と削って、

ハッカのような爽やかな匂いが強いほうがアブラチャンです。

名に由来するほど油分が多いのですって。

自然界から植物がどうやって油を精製するんだろう。。。

 

我々の事務所脇を流れる湯川も、

コケのグリーンが強まってきた気がします。

これから全体に色身が増して広がっていくことでしょう。

 

春、始まりそうです。(始まりましたとまだ言いたくない・・)

別荘や移住地探しにも良い季節ですので、

できれば事前にアポイントを頂きながら・・

ご相談にお立ち寄り頂けると嬉しいです。

 

ではでは、今シーズンも宜しくお願いいたします。

 

~サクライ~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です