夏の終わりのお祭りと花火。

お盆休みのある先週が軽井沢の最盛期、

猛暑の影響もあり今年も多くの人で賑わいました。

どこも混んでいましたね。凄かったです。

 

盆を終え、週末を越えた昨日今日は徐々に落ち着きを

取り戻しています。程よいリゾート感、過ごし易い賑わいです。

 

我々は、毎年20日に行われる諏訪神社(ユニオンチャーチ隣)の

旧軽井沢夏祭りと花火大会を楽しみ、夏の終わりを悟ります。

盆の盛夏を越えて一息つくと、夜7時が暗いことに気がついて、

夕方の涼やかさもあって季節の移ろいをリアルに感じます。

その節目のお祭りと花火を 毎年楽しみにしています。

 

出店の数や店構えもローカル感あって素敵です。

昭和の時代から続く、古き良き軽井沢の面影が何とも良いです。

そして、商店街と別荘地に囲まれた場所での小さい花火が独特で、

「原始の花火」が可愛らしくこのお祭りらしく、好きなのです。

載せられるかな?大輪を咲かさない、小さく儚い花火です。

 

クライマックスはちょっと大きめの花火も。

まだ秋を迎えるには気持ちも早いですし残暑を望みたいですが、

ピークを越えて落ち着きを取り戻した軽井沢はやっぱり素敵です。

そして、移住先や別荘をお探しに来られるにもよい季節。

ぜひ、(アポイントの上・・)いらしてくださいね。

 

~少ない営業一同~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です