ヤマドリ

こんにちは。金井です。

今朝、別荘地内でヤマドリのつがいに遭遇!慌てて携帯を取り出しましたものの、ズームの仕方が分からない・・。うんと小さくしか撮れませんでした、残念。あまりに小さいので丸印をしてみました。

120213_092421

まだまだ極寒の中ですが、春の野鳥の鳴き声を心待ちに思い始める今日この頃です。

金井


雪原ピクニック


ピッキオの雪原ピクニック

に参加してきました!

P1182636_3
 

こちらがスノーシューです。

レンタルしたスノーブーツに装着し、出発!

  

P1182665
 

こんな溶岩の中を進みます。

  

P1182646_2

途中で出会う植物や動物の痕跡には

プロならではのガイドが♪

P1182647
 

面白かったのは動物の足跡。

何の動物か?だけではなく、どんなことを考えながら

どんな風にここを通ったのか、というところまで

解説してくれました。

  

P1182678_2
 

そしてティータイムの時間も♪

よく歩いたので、ホットココアに癒されます。

  

P1182679

なんとこの日は珍しい「幻日」(太陽の周りに見える光の環)も

見ることができました!

その日によって、見られるのが違うのも自然の醍醐味ですね。

  

冬の軽井沢の自然に会いに、出掛けてみませんか?

  

miho shiraishi


冬の魅力

Photo


(写真:ピッキオ野鳥の森ブログ)

雪の少ない本年の軽井沢ですが、積もるまではいかなくとも舞い降りる雪があります。

何気なく見過ごしていましたけど、ピッキオさんが雪の結晶の写真アップをしてくださり、見つめていると自然の造形美に引きこまれてボーーっとしてしまいました。 雪の結晶を見ているのに、心がほんわりと暖まるような。


http://nwpicchio.blog38.fc2.com/blog-entry-547.html

 

小学校の頃、「雪の結晶は同じ姿はないんだよ。人間と一緒だよ」 と教わったのを想い出した。 本当に、こう見比べてみるとひとつひとつが違うんですねえ

こういう自然の姿をゆっくりと観察できるのも 寒いからこそ出来る、冬の軽井沢の魅力です。  ピーーンと張り詰めた空気の音がするような、静寂の軽井沢だからこそ有難味がより感じられるのか
も。

冬の軽井沢の魅力を 
ピッキオさんが 

 たくさん届けて下さっています。

別荘や移住をご検討の方々にも、 「軽井沢の冬も、こんなに魅力的なんだよー」 が伝わると嬉しいです。 冬の滞在が楽しみになるような、そんな別荘環境を、お探しするお手伝いをさせてくださいね。


軽井沢の自然と遊ぶネイチャーツアー

  冬の軽井沢の魅力に会いに ぜひぜひご参加ください。

ps: ピッキオビジターセンターと併設している軽井沢別荘Naviオフィスでは、冬の期間のみ野鳥の餌付けをしています。野鳥観察ルームの特等席にもお立ちよりくださいませ。

~桜井~


足跡クイズ

物件の下見中、こんな足跡をみつけました。

Pc112283

???

大きさは小学生の掌くらい。

周囲を見渡すと、連続した足跡も・・・。

Pc112284

あとで調べてみると、正体が分かりました。

正解はコチラ

   

森の中で元気に活動する動物達の気配を感じられる

雪の季節ならではの楽しみです!

   

miho shiraishi


雪の軽井沢

今年二度目の雪が町に降りました。

Pc092211_3
 

  

午後からは綺麗に晴れ上がり、

木々のシルエットの向こうの空はパステルカラーに。

Pc092229
 

薪ストーブを焚きながら、こんな光景を眺められるのもまた

冬の軽井沢の楽しみです。

  

miho shiraishi


秋色じゅうたん

秋の終わりの雨上がり。

紅葉の見頃も過ぎた頃かと思いながら

いつものようにギャラリ―に向かいました。

Dscn4519_7

すると目の前に、モミジのじゅうたんが!

雨上がりなので、鮮やかに輝いていました。

紅葉は、葉が散った後も綺麗なんだなぁ、


見頃」は一時だけではないんだなぁと、しみじみ思いました。

  

こちらはハルニレの丘Ⅱ

Dscn4527

秋は、葉が落ちてくるので

地形や眺望が確認しやすいのです。

葉がある季節も、葉がない季節も想像でき

見学にも最適な季節だと思います。

ご見学の後には、トンボの湯に浸かり
芯からあたたまってお帰りください♪ 

(ご見学のお客様にはトンボの湯のご招待券をプレゼントしています!)

  

miho shiraishi


栗の季節

P9271198

軽井沢は栗の季節になりました。

別荘地の下見に行くと、至るところに毬栗が。

お庭に栗の木がある別荘も少なくありません。

  

軽井沢で
は一般的に山栗が多く、甘栗ほどの小粒サイズです。

むくにはちょっと大変なのですが、

小さな実の中に
甘みと味わいがしっかりと詰まっています。

   

栗拾いがてら、秋の森の中を散策してみてはいかがですか?

※毬栗は結構な勢いで落ちてきますので、帽子をお忘れなく…笑

そして栗はクマにとっても大好物。クマよけ鈴もお持ち下さいね。

ピッキオビジターセンターで貸し出しもしています。

  

miho shiraishi


今朝の湯川

オフィスの前を、湯川が流れています。

ハルニレテラスへ続く遊歩道で見た景色。

  

Dscn39562

  

こんなに美しい場所に暮らしている幸せを
改めて実感しました。

  

miho shiraishi


ムササビかたまる

Dscn3273_2

こんにちは、金井です。

一昨日15時頃のこと、オフィス前のアカマツにある巣箱からムササビが身を乗り出しているのを発見。

夜行性の動物なので、寝ている時間のはずなのに・・・

我々が下から写真を撮っても気付かないのか動かない・・・

何かを凝視しているようだけれども・・・

お腹が閊えて出られなくなったのか・・・

と、ひとしきりしゃべる間、微動だにせず、多分30分以上かたまっていた模様です。何故なのか、は謎のまま。お昼寝タイムにお騒がせしてしまったかしら、とちょっと反省。


カッコウの鳴き声 続編

ポケットの中に小銭を入れて、スタンバイしている木戸です。
こんにちは。まだ鳴いてませんよね、カッコウ。

カッコウが鳴いたら・・・で思い出しましたが
こんな言い伝えを聞いたことがあります。

「カッコウが鳴いたら豆を蒔いて良い」

カッコウの鳴き声は「もう霜の心配はいらない」という合図だそうです。
また、カッコウが鳴き始めると、カッコウも子育てに専念するため、
蒔いた豆をほじられることが少ないと言われています。

他にも軽井沢に来てから初めて聞いた言い伝えがあります。

「カマキリの卵が産みつけられた場所が高い場合には雪が多い」

「浅間山に3度雪が積もると 里でも雪が降る」

自然界の仕組みから学んだ、先人たちの経験による知恵、
未来の子供たちにも繋げていきたいですね。
今年は、子供たちとカッコウの鳴き声に耳を澄まし
冬の初めにはカマキリの卵、観察してみます。

他にも昔からの言い伝えご存知の方、教えてくださいね。

木戸