ウツギ

こんにちは。金井です。

梅雨の合間の晴れやかな日、とても気持ちの良い週末です。

さて、今が花盛りの「ウツギ」。漢字では「空木」と書くらしいのですが、理由は幹の中が空洞だから。

と、知識としては知っていたものの、先程遊歩道を歩いていて、枝が折れたウツギを発見。近寄ってみると、ほんとに空洞です。(ピンボケですみません。)

1

なぜ敢えて空洞なのでしょう。不思議。

ちなみに、花はこんな感じです。

110605_122033

この時期の軽井沢、日々景色に変化があってとても楽しいですよ。

金井


ハートの落し物



事務所の前を歩いていると、「新緑」がたくさん落ちていました。

Tane_3

近付いてよーく見てみると・・・ハート型!?

 

正体はコレでした↓

P5130562

ハルニレの種

 

芽吹きの季節に、たくさんのハートを実らせてくれました。

ハルニレテラスの象徴でもあるハルニレの木

見上げるだけで不思議と心が癒される、幸せの木です。

P5130586

 

kawashima miho


星野エリアへの山野草移植作業

こんにちは 桜井です。

この春から社内のガーデナーチームさん指揮のもと、我々別荘Naviスタッフも

星野エリアのガーデンづくりに参加しています。

昨朝の作業は、エリア内に自生している山野草を、

星野エリアを訪れた方々の目にも触れる適切な場所へ移す作業をしました。

花が咲くのはまだまだ先なので、教えてもらって気が付く種類ばかりです。

思わず踏みそうになっていた場所に芽が出ていたのは・・

Ca3f0780


【 クリンソウ 】

  でした。 

株の中心からヒョイッと花茎がのびてくるサクラソウの仲間です。

Ca3f0781

こちらは 
【 エンレイソウ 】
 漢名で、延齢草。

ユリ科で葉が枯れた後に採る根茎が、胃腸薬として用いられていたところから名がついたようですね。 今は一般には服用されない勧めがありますので採集して食べないようにお気をつけください。

咲くとこんな姿に
  楽しみですね。

Ca3f0782


【 ユキザサ 】

です。

お、これも漢方薬としての効能があるとともに食用でもあるんですね。 食べられると思うと記憶に残しやすいいなあ

こちらもシーズンは
白く可憐な花を咲かせてくれます

他にも数種移植作業をしてきました。 先週移植の 
【 サクラソウ 】
も順調に育っていましたよ。 

星野エリアに咲く花々たちは、ガーデナーチームの陰ながらの作業によって 自然なままの姿を披露してくれています。 

季節折々の姿がありますが、開花の時期は一瞬です。ぜひ軽井沢の自生の植物にも興味を持っていただいて、エリア内を散策する楽しみを増やしてみて如何でしょうか

(ハルニレテラスの某所に、自然の山葵・ワサビがいま開花していますよ)

我々も今シーズン愉しみながら勉強していきます。 また、様子を報告していきますね

~桜井~


湯ノ丸高原 つつじ祭り

Ca3g02020001
こんにちは 櫻井です。
今月初旬に見頃を迎えていた、我が家の「レンゲツツジ」です。
別荘の生け垣代わりに使うものは「ドウダンツツジ」ですが、このレンゲツツジは同種の中でも随分花も木も大きく成長します。
軽井沢町内でも今月上旬には見頃を迎え、既に散り葉が青々と広がっている状態ではありますが、 この軽井沢よりも上空の、標高2000m近い湯ノ丸高原ではこれから見頃を迎えます。

【湯の丸高原つつじ祭り】 

 
http://www.tomikan.jp/

国の天然記念物指定 65万株のレンゲツツジ 日本一の大群生!
昨年、初めてこの季節の湯の丸高原へ行ってきました。
スキーでは良く行っていましたし浅間山登山で高峰にはしばしば行っていましたが、この6月下旬の湯の丸高原に広がっていた光景には・・ しばし言葉を失いました。
(昨年の様子)
20090626171643278
20090626171739edc
本当に理屈抜きで素晴らしかった[E:shine]
お勧めです。
今週がピークでしょうか、来軽予定がありましたら是非訪れてみてください。
〜桜井〜


木を植えました

こんにちは。辻井です。
「梅雨のはしり」を感じさせるような天気ですね。
貴重な晴れの合間を縫って、木を植えてきました。

Photo_5

Photo_6

木というより、草みたい!?

どこに植えたかといいますと、私共が売主として
ご紹介している星野別荘地の『ハルニレの丘』です。
場所の名前にちなんで、植えたのも「春楡」の木なのです。
大木もはじめはこんなに小さいのですね。

Photo_7

実は私、「木」を植えるのははじめてです。
小さな小さな苗木相手におそるおそる…

でも、植え終えた時には、数ヵ月後、来年、再来年、
数十年後の姿が楽しみな気持ちになりました。
大きくなぁれ!

Photo_8

この敷地にもともとある大木の片隅に
かわいらしい苗木はあります。
近くを通られた際にはちょこっと覗いてみてください。


我が家の庭

こんにちは、佐藤です。
ここ数日の暖かさで我が家の庭が賑やかになって来ました!!
Photo_6
シラネアオイ
何年越しかしら・・・とうとう咲きました!
しかもこんなに立派に!!
毎年葉っぱは出てましたが、花がず〜っと咲かないまま・・・。
う〜ん 嬉しいです^^
Photo_8
バイモユリ
淡緑色の控えめな花です。
細い葉の先がくるんと巻いていて、かわいい姿です。
Photo_9
イカリソウ
淡いピンクのイカリソウより先に白いイカリソウが咲きました。
写真がイマイチですが、花も葉っぱもかわいいです。
春は庭の様子が気になりますね・・・。
佐藤


「アブラチャン」

野山の緑が芽吹く前、森の中では黄みがかった木花が控えめに花開きます。
雪解けから春の新緑の間に見ることの出来る、今回のご紹介は・・

『アブラチャン』


愛称? いえいえ学名(一般名)なのです。
【アブラチャン】 (クスノキ科)
20100414173940c16
20100414174004fa2s
アブラは「油」、チャンは「暦青(れきせい)」、つまり油歴青ということで、
木全体に油が多いことが名前の由来のようなのです。
この「アブラチャン」の存在と名前を知ったきっかけは、数年前のピッキオ・ネイチャーウォッチングに参加したときのことでした。 懐かしくなって(そんな前ではないのですが・・)先日アブラチャンに触れてきました。
  
Ca3g0049
場所は星のや方面、ピッキオのトンボ池の左側に、野鳥の森入口があります。
その入口のすぐ左に大きめな「アブラチャン」の木があるんですよ!
Ca3g0050
Ca3g0051
細い幹に触れると、しっとりとしています。
折れないようにそっと手で包み込み、指で支えながら爪先で幹をカリカリッ・・と擦りますと、 ヒノキのようは爽やかな香りが漂います。嗚呼春の爽やかな香り。。
新緑の頃には、この黄色い花も散ってしまいます。
 
視覚だけでなく、これからは嗅覚からも四季・春を感じられる植物が増えてきます。
お近くで「アブラチャン」を見つけたら、この季節ならではの姿をどうぞお楽しみ下さい。
〜桜井〜


我が家の庭

こんにちは、佐藤です。
ちょっとケガをしてしまい、もたもたしておりました。

今日は寒いですね。お昼で2℃くらいです!!

昨日はポカポカ陽気でしたので、我が家の花や木の
写真を撮ってみました。

ちょっと紹介しますね。
1

福寿草 今年は立派に咲きました。

2

アズマイチゲ アズマイチゲが咲くと春が来た〜〜って思います。
これから群生して咲き出します。

3_2

サンシュユ(山茱萸) 黄色くてちょっと変わった形の花です。


キツツキが遊びに来ていたので写真撮ってみました。


5

6_2

くわがたの幼虫が入っている木です。
子供に教えたら、すごく怒られました〜〜
幼虫食べられちゃう!! だって すみません・・・


軽井沢花暦2010スタート!

こんにちは 桜井です。
首都圏ではサクラも綻ぶ季節でありますが、今年の軽井沢はまだまだ寒い日が続いています。
四季が色濃い軽井沢では、「サクラの開花が1月遅れ」「紅葉が1月早い」と、都内とも時間差がありますので、街で見るサクラとはまた違う姿も楽しみに、新緑の軽井沢へどうぞお越し下さいませ。
自然豊かな軽井沢では、木々や山野草などが“ほんの一瞬の華やかな姿”を控えめに披露してくれます。
花のない植物だと思っていた種が、春先や秋口に、思いがけない姿で我々住民を楽しませてくれます。
このことは、社内のガーデナーチームが「季節の花便り・軽井沢花暦」を社内メールで発信して下さるようになって意識して見るようになりまして、なんだか見落としている自然が多かったのだと気がつくよいきっかけを頂きました。
軽井沢の四季の植物サイクルを追えるこちらの花暦、
ガーデナーチームより許可も頂いていますので、不定期でこちらにもアップしてきますね。
ちなみに昨年までの情報は
このへんに

記録を残しています。
では、早速。
◆◇◇
【フクジュソウ】 (キンポウゲ科)
0329
0329_2
 花言葉: 「幸福」 「幸せを招く」 「永久の幸福」
       「回想」 「思い出」 「悲しき思い出」
 漢字表記: 「福寿草」
 別名: 「元日草(ガンジツソウ)」 「朔日草(ツイタチソウ)」
◇別名などからもお正月を連想させますが、実際に咲くのは2〜3月です。
 以前は「フクジュソウ」の根を薬(強心作用、利尿作用あり)として利用していたそう
 なのですが、実際には猛毒ですので絶対にかじったり食べたりしないでくださいね。
 またこの「フクジュソウ」、太陽がでてくると花を開き、
 天気が悪い(太陽が出ない)日は花が開かないので、必ず会えるという訳ではない
 花であります。 
 『春を告げる花』 シーズンスタートはこの黄色から始まります。
【ネコヤナギ】 (ヤナギ科)
0329_3
03292_2
 花言葉: 「自由」 「努力が報われる」 「親切」 「思いのまま」
 漢字表記: 「猫柳」 
◇花がこの、モワモワっとした状態にあるヤナギの仲間全体を指す総称だそうです。
 なので、このような花がついているものは「ネコヤナギの仲間」というのが無難かな。
 花が猫の尾尻のようだから『ネコヤナギ』です。 コブシのつぼみも似てますね
 星野エリアでは、星のやに近い湯川の河原で群生を観ることができますよ。
【サンシュユ】 (ミズキ科)
03291_2
0329_4
03293
 花言葉: 「持続」 「耐久」 「強健」
 漢字表記: 「山茱萸」
 別名: 「ハルコガネバナ」 「アキサンゴ」 「ヤマグミ」
◇春先に黄色い花を咲かせるので「ハルコガネバナ」とか、
 秋に赤い実がなるので「アキサンゴ」などの別名を持ちます。
 その実は滋養強壮に効果があり、「サンシュユ酒」にしたりします。
 「ユンケル皇帝液」にも配合されています。
 
 ホテルブレストンコート・ノーワンズレシピ入口付近の駐車場で観られます。
以上、3種の紹介です。
お気づきのように、軽井沢の春の花は「黄色」から始まります。
このあと続きます「ダンコウバイ」「アブラチャン」なども黄色の花が咲きます。
長い冬が明ける気配を感じ始めると、真っ先にこの素朴な黄色が春へと導いてくれるかのように迎えてくれます。残雪にも映える色合いですよね。
軽井沢の自然や植物への興味のきっかけになれれば幸いです。
基本は星野エリア内ですので、写真からも現地へ行かれてみては如何ですか?
今後は場所も特定できるような案内にしてまいります。
〜桜井〜