この時期おすすめ!野鳥の森ハイキング

新しい年がスタートして、早いもので半月が過ぎました。
みなさんは今年一年の目標やテーマを決めていますか?

私は今年の前半、
「自分の身体をちゃんと見てあげる。心地いい状態を取り戻す。」
というテーマを設定しました。

昨年は自分の心の声を大切にしてきたものの、
身体はほったらかしで、かなりガチガチ&ぷよぷよ
になりました…(^^;)


そこで思いついたのが、
「出社前に野鳥の森を歩く!」ということ。
軽井沢野鳥の森は、星野エリア内にある国設の森です。
広さは100haほどあるそうです。

朝の森歩きは今日で4日目ですが、
身体が喜んでいるのを感じます。

冬は夜明けも遅くて一日の始まりがゆっくり。
8時くらいから歩き始めたとしても、まだ自然も人も
動き出す前という空気感があって、気持ちがいいですよ♪


ということで、この時期の森の様子をお伝えしたいと思います。
まずはハイキングルートから。

森への出入口はいくつかあるんですが、
私が歩いているコースは30分程度。
北側の沢沿いまでぐるっとまわるコースだと
1時間ほどです。

♨星野温泉トンボの湯を過ぎて、
300mほど歩くとこの看板が見えてきます。


この看板脇の砂利道(小瀬林道)ではなく、
その更に右側にある舗装された坂道を上がっていきます。
※こっちのルートだと森の入口がわかりやすい。

すると、右手にピッキオビジターセンター
ケラ池(冬季はスケートリンク)が見えてきます。


このケラ池を右側に見ながら坂を上ると
すぐに野鳥の森の入口があります。

ここからスタートします!

遊歩道の脇には水がゆるやかに流れていて、
せせらぎの音がなんとも心地よい。

軽井沢の街中は雪がほとんど残っていませんが、
森の中はこんな感じ。

シダも冬眠中・・・

歩き始めはうっすらと霧に包まれて、幻想的な光景が広がっていました。


途中に道しるべがあるので迷う心配もありません。



途中の見晴らしの良い場所に休憩所もあります。



小瀬林道にぶつかる手前は下り坂です。
着脱式の滑り止めスパークを装着して下りていきます。


以前にスパイク無しで森に入り、滑って恐い思いをしました…。
ホームセンターなどで売っていますのでぜひご用意ください!

小瀬林道に出たら左に進んでいくと、
スタート地点近くにある野鳥の森看板が見えてきます。

ここまで来ると空も明るくなってきました。


そうそう、野鳥の森の看板脇に野鳥たちのための
募金箱(バードボックス)があるんですが、

これからハイキングするときには小銭を持って、
このバードボックスに募金してハイキング終了!と
自分で設定すると更に達成感あるかな、なんて思っています。

森の早朝ハイキング、この時期おすすめです。


軽井沢 別荘Navi 貫名礼恵




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です