浅間の冠雪と、晩秋の軽井沢

今年は先月26日に、早くも浅間の冠雪がありました。

頭頂部にうっすら程度でなく中腹までしっかりと。

流石にまだ気温が高いので翌々日には溶け消えましたが

秋の終盤を意識させられる風景でした。

 

先日の3連休を過ぎて紅葉もいよいよ終盤ですが、

日陰や低木の木々はまだこれから、という固体も

多く見かけます。広がった空のもと、朱に黄色に

色づく葉が何とも儚く美しく、印象に残ります。

 

不動産の動きは、

天候不順もあり例年動き易い9月10月中心ではなく

10月中旬~増えてまいりました。

3連休も来店者さまが多かったですし、

落葉して周囲の環境が見易くなったこれからの時期も

ご検討には良い季節です。

我々もすこーし手がすいてきますので、

町案内を兼ねたような別荘地案内をしていきたいなと

準備しています。どうぞお声かけ下さいね。

 

~桜井~

 


紅葉が見頃を迎えました

本日の軽井沢は晴天! 秋の清々しい風を感じます。

 

星野エリアの紅葉は見頃を迎えました。

赤色や黄色に色づいた葉は、そよ風に揺られてキラキラしています。

 

紅葉を眺めながら屋外で読書を楽しめる「紅葉図書館」は、11月12日まで期間延長することになりました。

 

モミジなどの広葉樹の紅葉の後には、カラマツの紅葉も楽しめます。

ぜひ秋の軽井沢をお楽しみください。

 

貫名

 


10.23 紅葉の様子と台風一過

 

とても大きな台風の経過でした。

停電や倒木、落枝等の害はありましたが

土砂災害や大事がなくてまずは安心しました。

 

星野エリアを抜ける湯川の水量は、さすがに増水。

落ち葉や小枝も随分と落ちて濡れていましたが、

日中には乾き、また風は続いているので自然の

ブロワーと化して吹き飛んでいっています。

 

紅葉の全体的な染まり具合は こんな感じです。

なかなか晴れてくれませんので透けるような紅葉が

待ち遠しいです。じわじわと、染まってきています。

 

~桜井~

 

 


薪ストーブの季節。

今年の10月前半は、

例年よりも寒さが厳しい気がします。

各家庭早くも暖房機器が登場していますし、

薪ストーブも稼動し始めました。

 

やっぱり、

薪ストーブの暖かさは格別ですね。

森暮らし別荘ライフのマストアイテムです。

 

薪の手配もお忘れなく。

年内で薪やさんのストックが枯れる年もあります。

今年はみなさん消費が早いんじゃないかな?

 

~桜井~


10/4 紅葉の進捗

 

 

風の抜ける場所の葉は、徐々に染まり始めています。

それ以外はまだまだこれからですが、

気温も随分と下がり始めていますので紅葉の進行が

早いかもしれませんね。 ↓天気予報

https://www.mapion.co.jp/weather/admi/20/20321.html

 

夏の喧騒を終えて、落ち着いた紅葉を愉しむ

軽井沢の良い季節が始まります。

別荘見学にも適した時期ですのでこの町の秋の姿も

お楽しみいただきながら、縁ある地へのお繋ぎを

させて頂きたいと思っております。

 

公開準備中の情報等もありますので、

お尋ねくださいませ。宜しくお願いします。

 

~桜井~


今年は栗が豊作です

この時期の軽井沢では、栗拾いをしている人をよく目にします。

昨日は雨だったこともあり、オフィス前のテラスはこんな状態に・・・。

 

我が家の裏にも大きな栗の木があり、屋根にボトボト落ちてきます。

 

ジョギング途中でも、栗が落ちているとついつい立ち止まってしまい、

ジャージのポケットが栗でいっぱいになります。

山栗は小粒のものが多く、皮むきに手間がかかるのですが、

味は濃く、栗ご飯もとても美味しく作れます。

 

星野エリアでは、紅葉も始まってきましたよ。

 

貫名


9/1 軽井沢は快晴です

本日から9月ですね。

8月は天気の優れない日が多かったのですが、9月はじめの本日は快晴!

夏の晴天時は木陰の心地良さを感じていましたが、本日は日なたでも

高原の爽やかな風がとても心地良く、大きく深呼吸したくなります。

夏の賑やかな軽井沢から一転、秋の始まりはとても穏やか。

歩く足取りも更にゆっくりになります。

 

景色を楽しみながらゆったりと散策してみてはいかがでしょうか。

 

貫名

 


レンゲショウマの開花ラッシュ

 

こんにちは。

村山さんに続いて、この時期見頃のレンゲショウマ記事を。

社外の方ですが、我々に木々や植物、軽井沢の歴史、

また様々な生きた情報を下さる方がいらっしゃいます。

そのご家族が丹精込めて育てられた山野草を今年は多く

分けて頂き、星野エリアにも移植いたしました。

 

稀少なレンゲショウマまで随分と頂いたつもりでしたが、

お声かけ頂き訪れると、圧倒される群生と開花ラッシュ。

まだまだ順々に、長く楽しませてもらえそうです。

星野エリアにもレンゲショウマの群生地が出来ればよいなと

まず2ヶ所に集めました。

今年は種も採取できるでしょう。徐々に徐々に季節感ある

山野草を増やしていき、その時々訪れてくれる方々に

喜んでもらえるように・・環境を育ててまいります。

 

 

~桜井~

 

追加2枚。


クマ対策犬 ベアドッグ繁殖プロジェクト

皆さま、ベアドッグをご存知ですか?

クマの匂いを察知して移動経路を特定したり、吠えてクマを森の奥へ追い払ったりする特別な訓練を受けた犬なんです。

 

森のいきもの案内人「ピッキオ」は、人とクマとの共存のための活動を行っていて、2004年にアジアで初めての初代ベアドッグ「ブレッド」をアメリカの育成機関より導入しました。

ブレッドの病死後、皆様からの支援を受けて、現在は2代目のベアドッグ「タマ」と「ナヌック」が活動しています。(この2頭が来日した際のブログはこちら。)

狂犬病発生国であるアメリカからの子犬を輸入するためには、最低10ヶ月必要で、育成管理コストという大きな問題も抱えています。

 

クマ目撃件数を大幅に減少させることに貢献してきたベアドッグを今後も継続して活かしていくため、ピッキオは来春、日本で「タマ」の出産を試みることになりました!

うまくいけば、2018年4月に出産の予定。

 

ピッキオでは現在、皆様からのご支援をお願いしています。

詳細はこちらのサイトよりご確認ください。

森のいきもも案内人ピッキオWebサイト /  軽井沢ツキノワグマ日記

 

・プロジェクトの費用
合計325万円を予定。このうち約170万円は各種財団等からの助成が決まりました。

 

・寄付金の用途
オス犬、アメリカの育成機関スタッフの来日渡航費および謝礼
繁殖小屋およびドッグランの建設費
子犬のフード費 等

 

みなさまのお力添えを何卒よろしくお願いいたします。

 

貫名