軽井沢植物園

こんにちは、金井です。

今朝は軽井沢植物園でヤマユリの苗を分けて頂ける、とのことで、開園時間に行ってみました。

もう一つの目的は、レンゲショウマの群生を見ること。ありました、ありました!土手いっぱいに、たくさん植わっています。とても涼やか!

IMG_1942 IMG_1943 IMG_1945

 

まだ咲き始めでしたので、見頃は来週と思われます。入園料100円、身近な植物園ですよ。どうぞお出掛けください。

金井


室内でも紅葉+落葉

軽井沢の紅葉は、終盤にさしかかっています。

場所にもよりますが、星野エリアはほぼ落葉してしまいました。

 

ところで・・今年5月頃、こけだまをいただきました。

初めて目にするものだったのですが、まりものようにころんとした

愛らしさに感激し、まりこと命名してかわいがっていました。

まりこ7月

(7月の姿)

ちなみに、上の木はハルニレです。

 

室内の植物は観葉植物など、年中同じ姿だと思っていたのですが、

その常識を覆し、うちのまりこは最近、紅葉し、また落葉し始めました。

IMG_0229

落葉してしまったまりこは、冬の間光合成できるのでしょうか・・。

きちんと栄養を生成し、元気に育っていくのか心配です。

 

ちなみに、下のころんとした苔部分、、

毎日直射日光に当てていたら白くなっちゃいました。

いただいたときはつやつやとしてキレイだったのに・・おかしいなぁ。

今度からは窓際に置くのはやめようと思います。

 

わだあきこ


くりの赤ちゃん

先週までは梅雨入り中のようなしっとりとした軽井沢でしたが、 週末を前に夏らしい風景と気候が戻ってきました。 昨日も30℃を越えた夏日を記録していましたね。それでも時折流れる爽やかな風と緑の木陰は涼やかで、この時期の軽井沢の恩恵を有り難く受けております。

まだまだ早い秋情報ですが、夏を過ぎた涼やかな秋の準備も着々と進んでいます。

995446_464186970344360_1983917932_n

970889_464187050344352_1797397779_n
 

くりの赤ちゃん。

今年初めて分かったのですが、小さいながらも鋭利なとげとげが特徴ですが、触ってみると実に柔らかで優しい指触りでした。 カラマツの新芽みたい。

Ncm_3763
 
どこかで出会えたら 触れてみて下さいね。

~桜井~


ハルニレの種

こんにちは。金井です。

湯川のたもとで、ふと上を見上げると、ハルニレの高~い枝先に花のように見えるものが・・。

良く見えないので、写真にとって拡大画像を確認。

Dscf3458

お花かな?と思ったけれども、やっぱり種ですね。

ハルニレの花は気がつかないくらいに地味だそうで、私はまだ見たことがありません。

ハルニレ テラスの大きなハルニレ達も、房のように種をつけ始めています。

この後、房のまま落下するのですが、この種を植えると、ちゃんと芽が出ることは実証済。

ご興味ある方は、ぜひお試しください!

金井


豊作の模様

こんにちは。金井です。

あっという間に秋になりましたね。

今年は、栗が豊作の模様です。

家の屋根に「ゴンッ」と落ちる音が何度もしますし、

道を歩いていてもたくさんの栗の実が落ちています。

Dscf0676

残念ながら拾われない栗の実は車に轢かれてしまいますが・・。

実りの多い年は、クマが里に下りて来ないとか。

栗拾いを楽しんでいる姿も多くお見かけしますよ。

秋の実りを拾いに是非遊びにいらしてくださいね。

金井


黄色のお花

こんにちは。金井です。

今日、ピッキオビジターセンターの前で黄色のお花がほころんでいるのを発見!

120412_130607

「アブラチャンですよね?」とビジターセンターで確認したら、「ダンコウバイ」とのこと。

この2つは、とても良く似ているんですよね。葉っぱの形は違うのですが、花が咲くときには葉が無いので、花が終わった後に生えている場所を覚えておくと良いのかもしれません。

「花だけを見て、見分けるのは難しいのね。」と呟いて去った私に、ピッキオの横山さんがこんな写真を届けてくれました。



Img4121754370001_2

コメントが読めますでしょうか?

左 ダンコウバイ 花大きめ、ほぼ黄色

右 アブラチャン 花小さめ、少し緑色

満開になれば、ちゃんと見分けがつくかもしれません。

これから一気に山が淡い黄色で彩られますね。いよいよ春です!

金井


アサマフウロ

こんにちは、金井です。

今日は夏らしい日差しが顔を見せましたが、しばらく雨が多かったですね。雨のお陰で庭に出ていなかったら、1週間位前にアサマフウロが咲き始めていました。

秋のお花、オミナエシ・萩と合わせて。

Pict00111

綺麗な色ですよね、毎年開花を心待ちにするお花の一つです。

金井


きのこは難しい

先日物件の下見をしていたら、なんともかわいいきのこを発見しました。

Dscn3519

ころっとした柄(?)と、ころっとした笠。

なんてかわいい!と写真を撮ったはいいものの、収穫しようかどうか迷いました。
前にミヤマウグイスカグラを、かわいくておいしそうという理由だけで食べてみたことが、
植物博士のような人にばれ、そんな危険なことはやめた方がいいですよと、
やんわり優しく注意されたのです。
たしかに。
拾い食いをしてしかも仕事中に救急車で運ばれるなんて、恥ずかしすぎる・・。

きのこなんてもっと危険な気がするので、収穫はやめ、
せめて名前だけでもと、きのこ図鑑を開いてみました。
図鑑と画面を見比べ、これだろうと予想したものがあったのですが、
森のいきもの案内人、ピッキオの人に聞いてみると、
写真一枚での判断はできないとのことでした。

なんと、きのこの専門家ですら実物を見ても間違えて、
毒きのこを食べてしまうことがあるほど、きのこの種類判断は難しいのだそうです。
しかもこのきのこはまだ幼菌
(きのこの子供をこう呼ぶのだそうです!そういえばきのこは菌のかたまりでした!)
で、成長した老菌よりも特に似たものが多いとのこと。

またきのこは、見た目だけの判別はできないことが多く、笠を裂いた時の裂け方や、
つぼ(つまりは根)の様子なども判断基準になるそうなのです。

さすが菌・・・一筋縄ではいかないことがわかりました。

わだあきこ


やられた!

こんにちは。金井です。

昨日のこと、開花を楽しみにしていたユリのつぼみをサルにやられてしまいました!

イノシシに球根を掘り返されることも無く、大きく育って、4つもつぼみを付けていたのに・・・

Pict0005_4

サルにつぼみを食べられてしまうだなんて、思いもしませんでした。そして、無残な食べ後を捨て置いて行くのだから、悔しさ倍増です。

Pict0013

高いネットフェンスでも立てておけば良かったのでしょうか・・。来年は工夫が必要です。

それにしても、残念!

金井


高所での伐採

こんにちは 桜井です。

先日我が家の伐採をして頂いた職人さんの技術が素晴らしかったので、様子を少しアップします。

Ca3f0874

Ca3f0881
Ca3f0882

更に高く太いカラマツも枝を伐りながら頂上まで登って、丸太状にして伐り落としていきます

Ca3f0885

Ca3f0887

他にも電線に接触したり家の方に傾いていた背の高い木々ばかり。 本来は高額となってしまうクレーン重機を用いないと出来ない伐採作業でしたが、こちらの職人さんはひょいひょいと木に登り、建物や電線に接触しないよう気を遣いながら実に器用に伐り落としていってくれます。

チェンソーをご利用の方は分かると思いますが、本来片手で横に伐れるようなものではありません。 また高所へ登る度胸ですとか腕力バランス感覚、そして樹木知識等々が全て備わらなければ出来ない作業です。 本当に凄い!! そして重機を使うよりはるかに安価に受けて下さいました。

町内の樹木のボランティアにも参加されている知識と経験が豊富な職人さんです。 高所・難所での伐採や枝の剪定が必要な木々などにお困りの方がいらっしゃいましたら、お繋ぎしますのでご相談下さい。

~桜井~