ニンジンが採れました

みなさまこんにちは。

気持ちよい秋晴れが続いている軽井沢です。

 

さて先日、遅ればせながら、夏野菜の畑をきれいにしました。

トウモロコシやモロッコインゲン、トマト、キュウリ、カボチャのツルなどを

順番に抜いていくと、春の終り頃にまいたニンジンの葉がぴょんぴょんと

取り残されていました。

 

そういえば春先、実家から「ニンジンの種いる?」と聞かれ、ただ放っておく

だけで良いと言われたので、余っているところに、ぱらぱらーと蒔いておいた

のでした。

 

抜いてみると


直径10㎝ほどのミニニンジン。

こーんなに!


どっさり。

その場で洗って、ぱくっと食べちゃいました。

フルーツキャロット?と思うほどの甘み!

葉は乾燥させてぱらぱらと細かくし、料理の彩に使います。

 

それにしても、種をぱーっと蒔いて土をかぶせただけで、何もしてないのに、

こんなに採れるなんて!

 

夏野菜が終わったので、これからは落ち葉や、夏の間に取った草などを

土にまぜまぜ。

こうしておくと来年の春には、草は影も形もなく、栄養たっぷりの土に

なっているのです!

 

冬野菜も楽しそうですが、買ってきた堆肥をたくさん混ぜて休みなく畑に

働いてもらうより、半年間自然の力を熟成?チャージ?させて、元気に

なった土でまた来年の夏、がんばってもらうのがわたしの楽しみです。

 

土の神秘。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です